ABOUT

アナログブロガークラブへようこそ。

アナログブログ例

アナログブロガークラブは、アナログブロガーを支援するプロジェクトです。2016年10月1日、絵日記・旅日記・スケッチジャーナルをSNSで発表しているイラストレーター、ハヤテノコウジが中心となって立ち上げました。ハヤテノコウジは2010年よりモレスキンに描いた作品を公開し、多くのメディアに登場しています。モレスキン愛好家・文具愛好家としても知られるようになりました。

手帳・ノートに描いた絵日記や旅日記、スケッチジャーナルをインターネットに公開する行動を「アナログブログ」、その実践者を「アナログブロガー」と定義しています。このプロジェクトのタイトルは、ハヤテノコウジが外国人ライターからの受けたインタビュー中に、「あなたのモレスキンアートはまるでアナログなブログですね」と感想をもらったことに由来しています。このときのウェブニュースヨーロッパからアメリカまで、全世界に配信されて反応がありました。

SNSが普及する以前は、日記や絵日記はパーソナルな保有物であり、誰かに見せるモノではありませんでした。SNSに夢中になる人々が増え始めたころ、日記はSNSで公開する素材となり、アナログな手帳・ノートから離れていく傾向もありました。デジタル志向がすすむ一方で、静かにムーブメントが起きます。SNSで手帳やノートの愛好家たちがつながり、スクリーンでは伝わりきれないアナログの良さを、実物から感じはじめたのです。ハヤテノコウジもその中心部にいました。さまざまなSNSで手帳を公開し、閲覧者とのやりとりを楽しむユーザーたち。ときにはオフ会で交流し、たくさんのノートや手帳を並べ、タワーにして一体感を楽しむ人たち。写真共有SNS「Instagram」では、世界中のユーザーによって膨大な数の手帳・ノート写真がハッシュタグ付きで投稿されています。

アナログなプロダクトも、撮影すればデジタル作品になる。ブログという名称はWebのLog、Weblogが短くなってblogとなりました。もともとはアナログな記録(ログ)をデジタルで捉え直したコンセプトです。その概念が一周回り、ふたたびアナログで味のあるものへの回帰が、少しずつ起こっているのを感じています。アナログブロガークラブでは、手書きのよさ、手作りの温かさをより多くの人々が感じることができるよう、愛好家たちや文具の作り手たちを応援し、つなげていきたいと考えています。

あなたもアナログブロガーの世界を体験してください。(代表:ハヤテノコウジ)

プロジェクトスタッフ

ハヤテノコウジ(チーフ・ナビゲーター)

文具愛好家。イラストレーター。モレスキンアーティスト。スケッチジャーナル作家。「ブングスキー」コラム二スト。欧州文具、北欧旅をこよなく愛する。「手帳で楽しむスケッチイラスト」「新 手帳で楽しむスケッチイラスト」「イラストノート」「モレスキンのある素敵な毎日」等に登場。旅雑誌「TRUNK」連載中です。
website: koujihayateno.com blog: sync-ideas.net
Twitter: @koujihayateno

萩原まお(ナビゲーター)

イラストレーター&デザイナー。文房具とラーメンが大好物。地元・静岡で文房具愛好家の交流イベントを主催。水彩絵具、色鉛筆等のアナログ・ツールとIllustrator、Photoshop等のデジタル・ツールを併用。「新・手帳で楽しむスケッチイラスト」「モレスキンのある素敵な毎日」等に登場。「趣味の文具箱」にてマンガ連載中です。
website: maohagiwara.com blog: maoichi.com
Twitter: @mao_hagi

アナログブロガークラブが応援したいこと(個人編)

「手帳やノートに絵を描く」楽しさの伝達

書店のイラスト技法のコーナーには、手帳やノートに絵を描くためのテクニック本が並んでいます。「きれいに描く」「だれかと同じように描く」「ボールペンで描く」「かわいいイラストで描く」といったように、とあるパターンを作るための情報です。好みに合わせて本を選び、その手順をふむことで一定の雰囲気を作ることができます。そこから先の「自分らしく、作る」まで到達するのはなかなか難しいようです。そこでアナログブロガークラブでは、「真似ではない、自分らしい味のある絵、味のある文字」を表現するにはどうしたらいいか、を伝えていきたいと思います。絵を描くときに線をまっすぐ引けなくてもいい、手書き文字が曲がってもいい、自分らしい「味のある絵=アジエ」の発見を応援します。

アナログブログの学習機会の提供

手帳やノートにスケッチやイラストを描く、絵日記で毎日の記憶をビジュアルに、旅日記を作って記憶を再現する。作品をSNSで公開する。このような趣味活動を楽しみたい手帳・ノート愛好家のみなさんに、一歩前進するような機会をつくります。手帳スケッチ教室の開催やテキスト集の提供など、なかなか実践できなかった方、続けられなかった方でも、自分にあったバランスでスタート・継続できるようにサポート。描くテーマの設定から手帳・ノート選び、各種テクニックの実践とスタイリング、SNSでの公開方法までわかりやすくナビゲートします。また愛好家同士のピースフルな交流機会も開きたいと思います。

アナログブロガー交流会の企画・実施

同好の人たちとの会話は、とても盛り上がります。好奇心の輪をもっと広げて、ワクワクする気持ちを高めるために、手帳スケッチミートアップ(オフ会)、手帳スケッチイベント、作品展示会などの交流する場を開いていきます。時には手帳メーカーや文具メーカーの中の人たちにもお声がけし、提供側とユーザーのコミュニケーションを楽しむチャンスも。自分の愛用品を持ち寄り、新たなアイデアの発見と共有、参加者同士のつながりができると嬉しいです。

アナログブログ例

アナログブロガークラブが応援したいこと(企業・団体編)

文具・画材メーカーのみなさまへ

下記内容で貴社とマイクロインフルエンサー、愛好家との交流を促進します。お問い合わせはinfoアットkiitos3.comまで。

  1. 貴社製品の使用感レビュー
  2. 貴社製品を使った使用例の提案
  3. マイクロインフルエンサー・愛好家へのコミュニケーション
  4. 小規模イベントの企画・運営、ユーザー交流会開催など

観光ビジネス・観光地・観光関連企業みなさまへ

アナログブロガーが観光地を訪問し、アナログブログを制作・発信して皆様のPRをご支援します。

  1. 絵日記・旅日記・スケッチジャーナル制作
  2. 作品のSNS発信
  3. 貴社オウンドメディア向け手書きコンテンツ制作
  4. 見学イベント等の企画・実施

他にも企画・実施していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。(主催:ハヤテノコウジ)